先日、JVCマスタリングセンターの代官山スタジオにお伺いしてきました。

JVCマスタリングセンターといえば高音質CDの草分けXRCDやESOTERICで販売されているSACDやのマスタリングで有名なスタジオです。
お伺いしてきたのは、数々のXRCDの録音で高名な杉本一家様のスタジオです。

dsc02204

今回、ESOTERIC様から「中央林間のスタジオから代官山に移り、以前のような音にならないのでKRYNAのルームチューニングを使って改善できないだろうか?」とのご依頼のため、ESOTERIC様、CDプレスの関係者様、JVCマスタリングセンタースタッフの方など大勢の関係者の立ち合いのもと作業を進めて行きます。

dsc02199
調整前の状態です。反射に比べ吸音が多くデッドな環境です。

この広い部屋でAzteca,Watayukiの効果が本当に出るのだろうか・・・?
我々も半信半疑でスタートです。
今回は壁につけることができないので、AztecaTowerをスピーカー背面に設置してみるがこれはイマイチ・・・

そこで、以前試したときに効果的だったスピーカーの上に置く方法を試すことに。
これは非常に効果的です!
そこでこの方法で詰めていくことに決定。
そして試行錯誤の結果。。。この様な形に落ち着きました。
dsc02298

Azteca,Watayuki導入前に比べ、音のエネルギー感、広がり、定位感などが格段に向上しています。
これには居合わせた皆様が非常に驚きです。

話はいつしか
「オレの家でも効果でるかな??」
「自宅で使う場合どこに設置すれば??」
など自分の家で使う場合の話になりとても盛り上がりました。

今回導入したルームチューニング材は下記の通りです。
AZM-G x 5
AZM-N x 1
AZT-1 x 1
これだけの数量であの広いスタジオがここまで変化するとは非常に嬉しい驚きでした。
特にスピーカーの上に載せる方法は、スピーカーの大きさや部屋の大きさに関係なく非常に有効なので、是非皆様も試してみて下さい。
この後、スピーカースタンドやケーブルなどの導入もあるのですが、それはまた次の機会に紹介します。

ちなみに↓のXRCDはショールームでも試聴できますよ。
964
もちろんマスタリングは杉本様です!