《2014年5月》

先日スタッフのIさんよりTELがありました。

Iさん「ARK3点で試したら2点より更に凄い事になりましたよ(笑)」
更に「電源トランス(KNT-1000)」の下を「ダイアモンドフォーメーション」では無く前1後2の3点で配置してあげると抜けや広がりが増しますよ!
「E-PROP」と「D-PROPextend」が1個づつ、浮きますね!!(笑)」

くそー!なんてこった!お気軽に言ってくれるぜ・・・先日の2点でお祭り状態だったのにテンションがガタ落ちだわ。

とりあえず電源トランスを3点に配置した所「ダイアモンドフォーメーション」より情報量は減ったけどその代わりに抜けや広がりが増し、聴いてるうちに気にならなくなりました。まぁ情報量は他でも補えるからね。

182_1

 

そして「E-PROP」と「D-PROPextend」が1個づづ浮いた。
さてどうしたものか?

現在「AUBE」下の「Palette-Cu」に使用している「E-PROP」が4個ある。
浮いた分を入れると5個。
早速「AUBE」の本体に3個。電源に2個。バッファーは「D-PROPextend」3個。
「Palette-Cu」の下には電源で使用していた「D-PROPextend」3個+浮いた1個を「ダイヤモンドフォーメーション」で配置。
で音だし。

あれ?「E-PROP」って1個あたりの耐荷重35KGだろ?
「Duet39」、「電源トランス(KNT-1000)」、「ARK」は振動が凄いからまぁ分る。
しかし「AUBE」は3ピースで5KG位なのにどうしてこんなに効くんだ?
うーむ。また聴いてはいけない物を聴いてしまったかな?
ん?本体で余った「D-PROPextend」と「C-PROPextend」があるな・・・
こ、これを本体の「E-PROP」の上に設置すると、どうなるんだろう?
音だし。
え!?なんだこの激変ぶりは?一体なにが起きたんです?

182_2

 

これはプルートンに行って詳しく検証する必要がありそうだな。
「ARK」の3点の件もあるしなぁ。
早速お気軽にTEL「Iさん?オレオレ、オレだけど週末行くから準備しておいてね。」

つづく

スタッフより
レビューの投稿ありがとうございました!
今回は、まずクリーン電源「KNT-1000」のインシュレーターをグレードアップ!(E-PROP×4点⇒E-PROP+D-PROPextend×3点)
そして、CDプレーヤー「Aube」のインシュレーターもグレードアップ!(E-PROP+D-PROPextendの2段重ねへ!)
E-PROPについては、耐荷重35kgの「重量級の製品用インシュレーター」としての意味合いもありますが、CDプレーヤーやアナログプレーヤー、D/Aコンバーターなど、比較的軽量なシステムに使用しても効果抜群です。
ショールームPLUTONの店頭でも実際に試聴体験が出来ますので、皆様もぜひお越し下さい!