年末に無事スピーカーケーブルの購入を終えました。
色々とお世話になり、ありがとうございました。

スピーカーケーブルでこんなに音が変わる事は、かなりの衝撃でした。
音の輪郭がよりハッキリし、広がりがより大きくなった印象です。

ソウルは寒いので、朝毎日風呂で温まって出勤するのですが、
リビングから玄関横の廊下を通って一番奥にお風呂があり、
浴室のドアを開けっ放しで、音楽を聴きながらくつろぐのが私の習慣です。

一人暮らしの特権ですね(^^)

これまでは、こんな変な環境で聞くのだから音の劣化は仕方ないと割り切ってましたが、
このお風呂で聴く音楽のクオリティが今までとは別次元なのにはかなり驚きました!

当然ステレオ感も無く、リビングで聴くレベルとの比較にはなりませんが、
音の輪郭は明確なまま、私の耳まで届きます。
御社サイトで、部屋のチューニングをする事で、
奥様がキッチンで聴こえる音が良くなったというコメントがありましたが、
多分似たような現象なのだろうと想像してます。

スピーカーから離れる瞬間の音の輪郭がハッキリした分、
劣化が少ないのかなぁという想像です。
しばらくはこの環境で楽しみながら、少し金銭的に余裕ができたら、
部屋のチューニングにも挑戦してみたいと思います。
ありがとうございました。

————————————————————————-
以上、Spca7導入時の感想です。
追記として下記の感想を頂いております。
————————————————————————-

以下、個人的な感想です。

ITテクノロジーを軸として、
世界中で物凄いスピードでイノベーションが進んでいる昨今、
全てが進化を無理強いされているような脅迫概念に
多くの人が圧迫を受けているような気がしています。

新しいテクノロジーが開発された
それを使わないのは時代遅れだ
だから古いテクノロジーは捨てて、
どんどん新しいテクノロジーを装備した製品に買い換えよう。

スマートフォンなどを中心としたそのような空気が漂う中、
御社のように地道に自分達の信じた道を
歩んで行かれているスタンスにとても共感しています。

特に韓国のように物凄いスピードで成長してきた国で生活していると、
イノベーション=正しい方向
懐古主義=時代遅れと多くの人が錯覚しており、
古いテクノロジーでも良いものはたくさんあるという事を
完全に見失っている状況を日々見ていると、
進化するために、ものすごく沢山の物を捨てながら走っているように見えて、
とても寂しい気持ちになります。

御社の製品は決して安くはないと思いますが、
自分のペースで投資できる時に投資し、
それによって少しずつ満足感を膨らませて行く
という非常に素晴らしいソリューションを感じます。

何より基本システムを変えずに(捨てる事なく、諦める事無く)
それを補完するケーブルや環境で、
最大限基本システムの性能を発揮させる構想は素晴らしいと思います。

少しずつ軍資金に合わせてゆっくりアップグレードを楽しめて、
かつ殆ど資源を無駄にしない、
我々が向かうべき方向の最先端を走っておられる
御社のビジネススタンスに心から敬意を評します。

御社との出会いは、スピーカースタンドでした。
韓国駐在時、オーディオラックが無いので、
何かスピーカーをそれなりの位置(高さ)
にセットできるアイテムはないかなぁと
インターネットを探していた時に、御社のサイトに出会いました。

理屈はごもっともでしたが、
正直、あまりに高額でかなり気持ちは引き気味でした。
でも、そこまで自信満々にアピールされると、
チャレンジしたくなるのも人の性という事で、
半信半疑で購入した御社のスタンドに物凄い衝撃を受けました。

今回のスピーカーケーブル購入も同じぐらいの衝撃でした。
今後年齢が加算しますので、耳の性能は間違いなく劣化しますが、
現時点では、投資対効果は完全にプラスだと確信しています。

御社と出会えた事は韓国で一人暮らししている私にとって、
至福の時間を得られたという意味で心から感謝しております。

ありがとうございました。

スタッフより
投稿ありがとうございました!

>音の輪郭がよりハッキリし、広がりがより大きくなった印象です。
ここはSpcaシリーズの非常に重要なポイントです!!
音色を変えるのではなく、音の輪郭がハッキリとし、広がりが出てくる。
こういったケーブルってありそうで無いんですよね。
一つ一つの音がハッキリしてくることで、ボーカル、ギター、ベース、ドラムなど、
今まで一つの音として聞こえていたものが、それぞれの音として聴けるようになります。

そして、高さ、奥行き、広がりがでることで、楽器の位置関係がわかるようになってきます。
これが進んでいくとステージ感が出てきて、音を聴くのではなく見えるような感じになってきます。
これがホログラフィックサウンドなんです!
KRYNAの製品はどの製品もこのポリシーで作っています。

また、本文でも紹介されていますが、できるだけ買い替えをせずに、
今あるものに少しずつ追加していくことでアップグレードする。
これも創業以来のポリシーです。
この思いが伝わったのが非常にうれしいです!!