実録、HGSコンサルティング

「HGSコンサルティング」とは、実際にどのようなことをするのか?過去の事例をご紹介します。

KRYNAの「HGSコンサルティング」では、お客様のシステムで「HGS:ホログラフィックサウンド」を実現するために、現地にお伺いしてオーディオセッティングの実演・お手伝いをいたします。
実際にどのようなことをするのか? 過去の事例をご紹介します。

システム構成

スピーカー:YAMAHA NS-1000M
CDプレーヤー:DENON DP-S1
D/Aコンバーター:DENON DA-S1
プリアンプ:自作のアッテネーター式ボリューム
パワーアンプ:Aurex SC-Λ99

<ビフォー>

お悩みポイント

・スピーカーから音が離れず、音像定位が曖昧
・解像力が低く、まとまってしまう
・奥行き・高さが広がらず、詰まった感じになっている

変更ポイント

  1. スピーカー設置位置の調整
  2. スピーカー下のインシュレーター交換
  3. スピーカースタンドの交換
  4. CDプレーヤーにインシュレーター設置
  5. 部屋の響きの調整
目次

セッティング変更を終えて

最初の状態ではスピーカーから音が離れず、高さの出ない、平面的な音場のシステムでしたが、一つずつ変更していくにつれて、全く別物と言えるほどの「HGS:ホログラフィックサウンド」へと変わっていきました

スピーカーのセッティング ➡ CDプレーヤーの足回り ➡ ルームチューニング

の順に調整を進めましたが、1~2ヶ所調整するだけでも見違える程音楽が活き活きと鳴ってきます
特に、広がりの無いまとまった音は、高音から低音までが混ざり合ってしまい、それぞれの楽器の音が抜けてこないため、詰まったような感じになってしまいます。
そんな時には、アッテネーターやスーパーツイーターで高音の抜けをサポートしたくなる気持ちをぐっとこらえて(逆に自然に軽く抜ける音を判断しづらくなってしまいます)、システムのセッティングをもう一度見直してみましょう。

<アフター>

変更ポイントの詳細説明

  1. スピーカー設置位置の調整
    まずは、お金のかからない所から調整していきましょう。
    スピーカーを置く向きの調整です。
    元のセッティングではスピーカーがほぼ正面を向いていましたが、 通常の広さの部屋ではスピーカーをやや内振りにして、左右のスピーカーの音軸で三角形を作る事が基本です。

    今回は、左右のスピーカーを少しずつ内側に振り、正三角形に近いセッティングに変更してみました。
    スピーカーの向きを変えるだけで、左右に散らばってしまっていた音が、中央にきちんと定位するようになりました

  2. スピーカー下のインシュレーター交換
    続いて、中央に集まった音場空間の高さを上げるために、スピーカーのベース周りを改善していきます。
    まずは、スピーカー下のインシュレーターからです。
    元々使っていたのは、ブチルゴムや絹などを重ねて積層構造にしたインシュレーターとの事。
    振動を伝えないゴム系のインシュレーターは、スピーカーの音を詰まらせてしまう原因になってしまいます。

    インシュレーターを「D-PROPextend」に入れ替えた所、とたんに音が軽くなり、活き活きと音が出るようになりました
    音の抜けが良くなり高域も伸びやかになったため、スーパーツイーターは必要無くなってしまいました。

  3. スピーカースタンドの交換
    スピーカーの置き台として、硬い仕上げの木材を使用されていました。
    木製のスタンドの場合は、音を詰まらせてしまう事は少ないですが、振動を吸収する能力が低く、スピーカーキャビネットと一緒に振動してしまいます。
    その結果、解像度が下がり、音場空間が不明瞭でもやもやとした音になっていました。

    スピーカースタンド「Stage」と「D-PROPextend」の組み合わせに入れ替えました。
    左側だけ変えて聴いてみると、明らかに音の広がり方の違いが分かります。
    スピーカーの振動がスタンドで適切に処理される様になったことで、 定位が明瞭になり、音場空間の高さが表現できるようになりました
    スピーカーの足元が安定するので、音の抜けも良くなります。

  4. CDプレーヤーにインシュレーター設置
    スピーカーの次は、音楽信号の入り口であるCDプレーヤーのインシュレーターを見直します。
    CDプレーヤーもスピーカーと同じゴム系のインシュレーターでした。
    スピーカーと比べると発生するエネルギーは少ないですが、CDプレーヤーにも電源部や回転部などへの振動対策が重要です。不要振動をきちんと処理する事で、情報量が増え、特に音場空間の高さが出てきます

  5. 部屋の響きの調整
    最後に、部屋の響きを調整するルームチューニング材を導入します。
    部屋の響きは、オーディオの音を構成する要素の中でも、非常に大きな割合を占めています。
    全く同じ機器を使っていても、鳴らす部屋が違えば全然違う音になってしまうのです。
    『お店で鳴っているのと同じ機材を買ったのに、自宅で聴いてみたら同じような音にならない』
    という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    「Azteca」と「Watayuki」は、どちらも約20×20cmと小型の製品ではありますが、しっかりとポイントを抑えれば、大きな効果を得る事が可能です。
    ・Aztecaを左右に1個ずつ
    ・Watayukiを左右に1個ずつ
    計4個を取り付けただけで、音場が上の方に広がるのがわかりました



Share

目次
閉じる