Azteca

拡散と吸音の組み合わせでリスニングルームをコンサートホールのように、拡散材「Azteca」。

ホログラフィックサウンドを描くには、空間づくりがとても大切です。

KRYNAのルームチューニングは、音を”拡散すべき場所”と”吸音すべき場所”適材適所で使用できるよう、拡散の「Azteca」と吸音の「Watayuki」を用意しています。
2種類の相乗効果で効率的な空間のチューニングを可能にします。

目次

ピラミッド構造による効果とは?

音楽を再生するとリスニングルームの中に発生する定在波が邪魔をして音をにじませてしまいます。
そこで、定在波が発生しやすい場所に拡散材Aztecaを置いて音の反射方向を散らす事で、 音の滞りを減らしてストレスのない空間をつくることができます。

また、音が吸われ過ぎ、デッドになっている場所(押入れやカーテン、ベッド等がある所)にAztecaを使うことで過度な音の吸い込みを防ぎ、部屋のバランスをとることができ、ライブ感のある音楽再生が楽しめます。

Aztecaピラミッドを思い起させるユニークな形状には、リスニングルームに悪影響を及ぼす定在波を拡散させるための秘密があります。
この段数の多いピラミッド構造は、段の高さによって音の反射波に遅延を生じさせ、定在波を減衰させる効果があります。また、角度を調整し傾斜をつけたピラミッドステップによって、音を上下左右に散らし、響きを調整することで部屋の音響特性を改善します。

KRYNAの目指すホログラフィックサウンドは、どんな環境においても実現させることが不可欠です。広さや形状がさまざまな環境のリスニングルームにおいても、こうしたあらゆる工夫を備えたAztecaを使用することで奥行き・高さ・広がりを描き、自然で立体的に音像が浮かび上がるホログラフィックサウンドをとても簡単に取り入れることができます。
また、拡散材と吸音材(Watayuki)を共に使用することで、お部屋の悩みに合った効率の良いルームチューニングができます。

大掛かり且つ効果の分かりづらかった従来のルームチューニングのイメージを払拭させ 、圧倒的なスケール感をあなたのリスニングルームで再現してください。

拡散材と吸音材の役割

<拡散材>

・定在波を減らす
・音の吸込みすぎを減らす

<吸音材>

・音のこもり(モヤモヤ)を吸わせる
・ダブリ音を減らす

使用ポイント

音の反射が起こる面の部分(スピーカーの後ろや側面の壁、天井など)にAztecaを設置しよう!

製品仕様

型式AZM-W2(白)
寸法(mm)W220×D85×H220
重量(g)約190
型式AZM-N2(ナチュラル)
寸法(mm)W220×D85×H220
重量(g)約170


※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。


shop
ショップ

Share

目次
閉じる