アナログアクセサリー

Shelca 1

数十μに刻まれた情報を
余すことなく伝える

カートリッジとアームを繋ぐために不可欠なもの。
長さは短くとも大切なケーブル。

それがShelca1です。

目次

高域から低域まで偏りのないフラットな特性を実現

オーディオ音源として長い歴史を持ち、今なお根強く愛され続けられるレコード盤。
その再生方法は盤の音溝をカートリッジでトレースし、音として出力するとてもシンプルなものです。

レコードプレーヤーの登場以来、このシンプルな方法で高音質を実現するために、様々なカートリッジやプレーヤーが開発されてきました。しかし、ことシェルリード線に関しては本来担うべき役割の重要性に対して、開発が及んでいるとは言い難かったのが実情です。

カートリッジが発した信号を真っ先に受けるのがこのリード線です。たとえどんな素晴らしいカートリッジを使い、精度の高いプレイヤーを用いても、そのファーストアタックを取りこぼしてしまえば、その先へ全ての情報を伝えることはできません。

カートリッジから受けた信号をいかにその先へと繋ぎ、アウトプットしていくのか。

Shelca1は、『情報量を減らさない』『位相をかえない』『ノイズをもらわない』の3点を前提とした”高性能とは無であること”という、KRYNAのケーブルフィロソフィーに基づいて製作されています。

盤の中に眠っていた音を解き放ち、時代を超えて現代に蘇らせる。
昨日まで気づくことの無かった、新たな音の表情をどうぞお楽しみください。

製品仕様

型式Shelca 1
全長(mm)35
チップの口径(mm)両端ともに1.2
チップの素材金メッキ

※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。


shop
ショップ

Share

目次
閉じる