ケーブル専用インシュレーター

Helca

特殊溶液の力でケーブルを微振動やノイズの影響から守るケーブル専用インシュレーター「Helca1」。

「Helca1」は、特殊ダンピング溶液が充填された螺旋状のチューブが、ケーブルを360°あらゆる方向から保護する革命的なケーブル専用インシュレーターです。

設置場所を選ばずどんなケーブルにも装着でき、音を濁らせる微振動やノイズからシールドします。

オーディオシステムの構築には、各種ケーブルによる接続が必要不可欠です。
そして近年では、音質向上のためにケーブルを交換することが、当然のように行われるようになりました。
しかし、どんなに高性能や高価なケーブルも、常に目に見えない振動やノイズの脅威にさらされており、ただ繋いだだけでは本来の性能を発揮する事ができません。
この問題を解決する為に、ケーブルにもインシュレーターで振動対策を行うことが有効であることがわかりましたが、従来の床に置いて使用するタイプのインシュレーターでは、使用方法が非常に限定される上に、床からの振動に対してしか効果を発揮することができませんでした。

KRYNAではこれらの問題に対応するため、螺旋状のチューブに特殊ダンピング溶液を封入し、ケーブルの周囲を360°囲むという、かつてない方法を実現しました。
この方法は創業者・伊奈龍慶の考案によるもので、実現までに5年もの歳月を必要としました。

「Helca 1」に封入されている特殊ダンピング液は「スティッキー溶液」と呼ばれ、近畿大学工学部 機械工学科・西村公伸教授との共同研究により、D-PROP、C-PROPなどのインシュレーター開発で培ってきた技術です。
この溶液は透明度が高く、餅のように粘性をもったリキッドで、バネ性を有しているのが特徴です。 
水ともオイルとも違う、この「溶液のバネ」ともいうべき不思議な物性が、有害振動を吸収し音楽再生に特に影響のある、微振動を消滅させる役割を果たします。

ケーブルは、この「スティッキー溶液」が充填された螺旋状のチューブの中を通ることで、外部からの振動のみならず、ノイズに対しても高い効果を発揮します。
また、自身が発する振動やノイズが外部に及ぼす影響も軽減します。
これにより振動やノイズによる音の濁りがとれ、ケーブル本来の音が蘇ります。

設置環境、ケーブルの種類を問わずにご使用いただくことができますので、ラック裏の重なり合ったケーブルや、地面に接地せず空中配線となっているケーブルにも非常に高い効果を発揮します。

目次

Helca 1の使用効果

全てのケーブルに共通した効果
  • 音の濁り、にじみが取れクリアで明瞭な音になる
  • ボーカルにまとわりついていた付帯音が取れる
  1. 電源ケーブルに使ったときの効果 
    • 一音一音が明瞭になる
    • エネルギー感が出てくる
    • 定位が明確になる
    • 音の抜けがよくなる
    • ザラついたところが取れクリアな音になる
  2. デジタルケーブルに使ったときの効果 
    • 特に音場空間の広がりに効果がある
    • 奥行き、高さが出て三次元的な音場空間になる
  3. RCAケーブルに使ったときの効果 
    • S/Nが向上しザワついたところが取れ明瞭でクリアな音になる
    • 低域のこもっていた部分が取れ、明瞭で存在感のある音になる
  4. スピーカーケーブルに使ったときの効果 
    • 解像度が出る
    • 低域の存在感が出てくる

製品仕様

型式Helca 1
適合ケーブル径20mmまで
対応ケーブル長0.75〜1.5m

※チューブが伸縮しますので、お使いのケーブルの長さに合わせてご使用頂けます。
※1.5mより長いケーブルに使用する場合、2本連結してご利用ください。
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。


shop
ショップ

Share

目次
閉じる