ケーブル専用インシュレーター:Helca1

ラックの裏で重なり合ったケーブル。この状態からケーブル本来の性能引き出すには…

ラック裏のケーブル処理。どのようにされていますか?
本来は1本ずつが触れ合わないように配線するのが理想ですが…

理想
現実としては、ケーブルがゴチャゴチャに重なり合っていませんか?
現実
この状態は、オーディオケーブルにとって非常によくない状況です!
なぜならケーブルに電流が流れるとその回りに磁界が発生します。

この状態は、オーディオケーブルにとって非常によくない状況です!
なぜならケーブルに電流が流れるとその回りに磁界が発生します。

この磁界が様々な悪影響を及ぼすので、ケーブルが重なり合った状態では、どんなに高級なケーブルを使っても本来の性能を発揮することできないのです。

ケーブル同士が重なり合ってお互いに悪影響

「そんなこと言ったってショールームじゃあるまいし、そんなきれいに取り回しなんて出来ないよ!」と思われますよね。
その通りです。では、どうすればこの状態を解決できるのか?

こんな設置環境を劇的に改善するのがケーブルインシュレーター「Helca1」。
ら旋状になったコイルの中にケーブルを通すことで、「外部から影響をもらわない、外部に影響を与えない」ケーブルにとって理想の環境に…。

ケーブル同士が触れ合わない、理想的な設置環境を作ることができるのです!
既存のケーブルに巻き付けるだけなので、取り回しの変更も必要ありません。

コイルの中に充填された特殊溶液が磁界の影響をシャットアウト

お使いのケーブルがノイズや磁界の影響から解放され、本来の能力を発揮すると…?
ぜひ一度お試しください!

Share