スタジオの低音の処理にAzteca、Watayukiを導入。

ブーミーな低音の処理でお困りのレコーディングスタジオ/Endhits Studio様
Azteca、Watayukiを適材適所へ使用して無事に解決!

【お客様】

レコーディングスタジオ/Endhits Studio様
https://www.endhits-studio.co.jp/

【納品日】

2020年1月

【ご要望】

  • 低音が出過ぎていて抑えたい、デッドな空間を見直したい
  • 後方の来客スペースでもきちんと聴けるようにしたい

【納品した製品】

  • インシュレーター:DPX-3×2セット
  • 拡散材:AZM-W2×6個
  • 拡散材:AZM-N2×11個
  • 吸音材:WY-W2 ×16個
  • アステカタワー:AZT-3×7セット

【施工内容と効果】

スピーカー背面をAztecaTower及びAzteca,Watayukiにて空間調音

スピーカー背面をAztecaTower及びAzteca,Watayukiにて空間調音
➡こもりが取れ立体感のある見通しのよい音場空間になった

スピーカーとスタンドの間にD-PROPextendを使用しスピーカーの振動対策
➡音像に高さが出て、音の輪郭が明瞭になり解像度が上がった

訪問スタッフの感想

サウンドプロデューサー/横山様のご紹介で訪問させて頂きました。
一軒家を改装した本格的なレコーディングスタジオです。

低域の処理でお困りになっておられましたが、吸音と拡散を適材適所に使うことで、かなり改善することができました。
「低域処理の判断がしやすくなり、反射も増やしたことで音場の立体感が向上してます」とのお言葉も頂きました。

ブログ:https://www.endhits-studio.co.jp/monitor2020/

今回ルームチューニングの見直しで空間の調音が整いましたので、スピーカースタンド「StageⅡ」を使用し、スピーカーの設置環境を見直すことで飛躍的に向上することが見込まれます。
ありがとうございました!

Share