防音工事済みのオーディオルームにAztecaとWatayuki導入。

新築時にオーディオルームの防音工事をされたというY様邸。
AztecaとWatayukiの施工で違和感のない聴こえ方に調整。

【お客様】

Y様

【納品日】

2020年8月

【ご要望】

  • 電話にてStageⅡ試聴のご希望
  • 新築のオーディオルームの音を調整したい

【納品した製品】

  • スピーカースタンド:2S60-2026T×1ペア
  • 吸音材:WY-W2×15個
  • 拡散材:AZM-W2×4個

【施工内容と効果】

ルームチューニングの見直し

リスニングポイント前方だと、音がこもってデッドな状態
➡スピーカー上部にAztecaを設置して解消

リスニングポイント後方に行くとライブな音になる
➡スピーカー下とリスニングポイント背面の壁にWatayukiを設置して解消

スピーカースタンドのバージョンアップ

お使いのStageをStageⅡに交換

訪問スタッフの感想

新築時、業者さんに防音工事はしてもらったとのことでしたが、リスニングポイントにより聴こえ方にバラつきがある状態でした。
拡散のAztecaと吸音のWatayukiを場所によって使い分けることで、聴こえ方に違和感のないよう調整できました。
土台は整ったので、次はスピーカー(ADAM AUDIO:S2V)回りですね。
電源ケーブルとD-PROPextendで、より明確な三次元的情報とエネルギー感の向上が出てきます!

Share