インシュレーター:D-PROPシリーズ

特許取得インシュレーター「振動防止支持装置」とは?

インシュレーターとは、何らかの作用の遮断を目的として用いる絶縁材

インシュレーターとは、何らかの作用の遮断を目的として用いる絶縁材

※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とありますが、KRYNAの考えるインシュレーターは少し違います。

KRYNAの考えるインシュレーターとは、

  • 機器の振動を外部に逃がすこと
  • 逃がした振動はもらわないようにする

この考えを具現化したものが、特許取得製品「振動防止支持装置=D-PROPシリーズ」です。
その効果も「オーディオ機器内部で発生する不要な振動を除去し、音質・音像表現・画質を向上させる支持装置」としっかり定義されています。

スピーカー、CDP、アンプなどのオーディオ機器は自身が振動しています。まずはこの振動を逃がしてあげないと、ちゃんとした状態で聴けませんよね?という訳です。

カメラに例えると分かりやすいでしょうか。ガタガタ、ブルブル震えているとちゃんとした写真が撮れませんよね?

ピントの合った写真を撮る場合、カメラを三脚に載せて使用すると思います。シャッターもリモコンかタイマーを使って、少しでも振動しないよう気を付けます。

これがオーディオになると話はもっと複雑で、しっかりした場所に置くだけでは不十分。何しろカメラと違って自身が振動しているので、まずはこの振動を逃がしてあげなきゃいけない。これを解決するために考えられたのが「メカニックダイオード構造」のスパイクです。

要は、円錐を下向きに使うと振動の一方通行になり、行きは伝わりやすい➡帰りは伝わりにくい状態になるのです。

上から下へ。一定の周波数において振動の伝わりやすさ。
下から上へ。一定の周波数において振動の伝わりやすさ。
※近畿大学工学部 西村教授の実験結果より

数値にすると1600:4.5。なんと約1/350になってしまうのです!

じゃあ円錐型のインシュレーターを使えばOK!?
いえいえ、それだけではなく音質向上のために

  • スパイクを2段重ねにして効果倍増
  • 使いやすいようにカップに入れた形状
  • 音色感が乗らないよう厳選した素材選び
  • 特殊溶液を内部に封入して、さらなる振動の減衰効果

と複数の技術を積み重ねて出来上がったのが「振動防止支持装置=D-PROPシリーズ」です。

書いてみると簡単ですが、30年に及ぶ地道な研究開発の集大成。
え!?肝心な効果はどうなの?
それは、ぜひご自身の機器でお試しください!

メカニックダイオードについて詳しくはこちら

Share